コラム|赤羽で歯医者をお探しならトナミビルデンタルクリニック

お問い合わせはこちら

0335983344

受付時間 10:00~13:00/15:00~21:00
※土曜は18:00まで
※日祝は休診

WEBでの予約はこちら

コラム

歯周ポケットの深さの改善

歯周病について 

歯周病はプラークが歯と歯ぐきの境目にたまることによって発症します。プラークは、歯にベタベタとつく細菌のかたまり。この中に潜む歯周病菌がだす毒素が、歯の周りの組織に炎症を起こします。炎症で歯を支える骨が失われると、ついには歯がグラグラになってしまいます。 歯周病の特徴は、よほどひどくならないと痛みがでないこと。しかも通常それほど急激には進行せず、5年単位、10年単位で悪化していきます。そのため歯ぐき...
続きはこちら

むし歯の治療痛い

虫歯治療について 

現在、むし歯の治療は歯を削る機器などの性能が進歩を遂げたおかげで、むし歯の治療の痛みや刺激は軽減しています。しかし口の周りを通る三叉神経は、脳から出る神経のなかで一番太い神経です。口という狭い範囲に、この太い神経から枝別れした神経がビッシリと分布しています。しかも脳に近いので、敏感で髪の毛1本はおろか、毛糸の細い繊維があるだけで気になるほど繊細です。 そのため歯科治療では、可能な限り無痛治療に近づ...
続きはこちら

知覚過敏フッ素

知覚過敏 

「知覚過敏」というと「たんに歯がしみるだけ、放っておいても大丈夫」というイメージがあると思います。 ところがこのしみる症状、むし歯の痛みの初期症状にそっくりなうえ、歯が欠けたり、削れたり、酸っぱいものの過剰摂取で酸蝕症になったりして歯が壊れてきているときにも起きる症状なので気をつけてください。 この「しみる」症状は、おもに歯の表面を硬くおおっているエナメル質を失うことが原因で起きます。エナメル質が...
続きはこちら

親知らずの影響

親知らず 

抜歯の中で一番大変なのが「親知らずの抜歯」です。なぜなら、悪さをする親知らずは、たいがい横向きで骨の中に埋まっているからです。これを抜くには、歯茎を切り、骨も削って、親知らずの頭を出さないとなりません。 とくに下あごの骨は硬く、しかも近くを太い神経と血管が通っていて、細心の注意が必要です。 横向きの親知らずを放っておくと、周りの歯ぐきで細菌が繁殖し、ときには入院が必要になるほどの重い症状をひきおこ...
続きはこちら

歯ぎしり、食い縛りと歯茎

歯ぎしりでお悩みの方へ 

ブラキシズムとは、キリキリと音を立てる「歯ぎしり」、そして音を立てずに強く歯を噛みしめる「くいしばり、噛みしめ」をあわせた過剰な力の総称です。歯ぎしり、くいしばりによって過剰な力が習慣的に加わると、歯や歯を支えている組織、顎関節や噛む筋肉に負担がかかって傷み、お口の健康を脅かす重大なトラブルが起きやすくなってしまいます。過剰な力からお口を守るには、歯ぎしりくいしばりを減らすことが必要です。 &nb...
続きはこちら

ページトップへ戻る