口腔カンジダ症|赤羽で歯医者をお探しならトナミビルデンタルクリニック

お問い合わせはこちら

0335983344

受付時間 10:00~13:00/15:00~21:00
※土曜は18:00まで
※日祝は休診

WEBでの予約はこちら

コラム

口腔カンジダ症

予防のススメ 

口の中に常在するカンジダ菌という真菌が異常繁殖して起こる病気です。

口の中の粘膜に白苔(白い苔状の偽膜)や紅斑(赤くなった粘膜)を起こします。

自覚症状はヒリヒリしたり、味が変わったりしますが、自覚症状が出ないことも多いので見落とされやすい病気です。

 

口腔カンジダ症は、以前は白血病やHIVなどの特別な病気を持つ人だけがかかるという認識が一般的でしたが、

高齢化や医学の進歩により、特別な病気でなくても体力低下がみられる場合や高齢者に増加しているといわれています。

特に脳卒中に罹患し、寝たきりのお年寄りなどでは高頻度でカンジダ菌の検出がされるといわれています。

 

口腔カンジダ症は抵抗力や体力が低下した場合にかかりやすい病気ですので、そのような場合口腔ケアに対する注意が必要です。

また、唾液分泌が低下口腔乾燥(ドライマウス)を持つ人にも多く見られます。

そのため、唾液分泌江を促す口腔ケアや、口腔を湿った状態に保つケア(保湿)が必要になります。

 

唾液分泌を促すレモン水を使った口腔清拭や唾液腺マッサージが有効です。口腔の保湿には、市販の口腔内保湿ジェルなどの利用が有効です。

ページトップへ戻る